あらゆるものに手を出して

アプリなし!家庭用ゲームおすすめシミュレーション17選!【コンシューマーゲーム】

time 2018/11/15

アプリなし!家庭用ゲームおすすめシミュレーション17選!【コンシューマーゲーム】





近年では、シミュレーションゲームといってもアプリのものが多くなっていますが、そんな今だからこそ家庭用ゲーム向けに発売されているゲームに目を向けてもいいのではないでしょうか

今回はそんなシミュレーションゲームをPS4、PSVita、Switchをはじめ、あらゆるハードからジャンル別に紹介します。

いくつも作品があるシリーズに関しては、その中でも個人的なおすすめを記載しています。

sponsored link

戦略シミュレーション

 

信長の野望

信長の野望

歴史シミュレーションといえばこのゲーム。

自分の好きな家を選択して戦国時代の天下取りを体験することができます。

内政や外交、人材の登用などを行い国力を充実させ、敵国と戦い天下統一を目指すのがゲームの目的です。

シリーズの歴史も深く、いくつも作品が発売されています。

作品ごとに評価が割れますが、

個人的なおすすめ作品は『革新PK』(PS2)『創造PK』(PS3、PS4、PSVita、Switch)です。

この2つは比較的新しくゲームシステムの評価が高いです。

また、2019年2月14日に『大志PK』(PS4、Switch)が発売されるので、そちらも注目ですね。

(PKとはパワーアップキットの略で、無印に新たな要素を加えた形で発売された上位互換作品です。)

 

 

三国志

三国志

信長の野望の三国志バージョンです。

信長の野望と同様に国力を育て、敵国と戦争を繰り返していくというのが基本ですが、仕様について異なる部分もいくつかあります。

三国志が好きな方はこちらのシリーズをおすすめします。

個人的なおすすめは、『三国志Ⅸ PK』(PS2、PS2)と『三国志13 PK』(PS3、PS4、PSVita)です。

 

 

勇者のくせになまいきだ

勇者のくせになまいきだ

プレイヤーが魔王となりダンジョンを構築し、そのダンジョンを攻略しようとする勇者たちを駆逐していくゲームです。

モンスターを別のモンスターに食べさせていくことで、好きなモンスターを生み出し、ダンジョン内に配置することもできます。

最新作はPS4の『V!勇者のくせになまいきだR』ですが、VRが必須なので敷居が高いですね。

PSPで発売されている『勇者のくせになまいきだor2』か『勇者のくせになまいきだ:3D』がおすすめです。後者の方が難易度は高めですが、『or2』にはない「水棲生物を生み出す」などの要素があります。

 

 

R.U.S.E

R.U.S.E

第二次世界大戦時のヨーロッパを舞台とした戦略シミュレーション。

システムは限られた資源で部隊やユニットを構成し敵と戦う、という一般的なものが基本ですが、RUSEという特別な策略を発動することができ、戦況を大きく変化させることができます。

RUSEには、ダミー攻撃やスパイや偽装などユニークなものが多くあり、使い方によってプレイヤーの実力が問われるでしょう。

 

 

シミュレーションRPG

 

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア

戦略シミュレーションとアクションの要素を兼ね備えたゲーム。

マップを見下ろしユニットを動かすコマンドモードと戦闘を行うアクションモードの2つを交互にプレイしていくのが基本となります。

アクションモードは銃撃戦がメインとなります。

時系列的には1、3、4が同時期で2がそれらの2年後となっていますが、ストーリー的にはどの作品も単体で楽しめます。

個人的なおすすめは1のリマスター版の『戦場のヴァルキュリア リマスター』(PS4、Switch)か最新作の『戦場のヴァルキュリア4』(PS4、Switch)です。

どちらもSwitchとPS4で発売されています。

 

 

ファイアーエムブレム

蒼炎の軌跡

様々な兵種のユニットを動かし敵を制圧していくSRPGの代表的なゲーム。

キャラクター数が豊富で、ステータスにも個性があるので育成要素の部分でも楽しめるゲームです。

ストーリー的につながっている作品も中にはありますが、大体はどれから始めても楽しめます。

おすすめ作品は、『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『新・紋章の謎』です。

この3つは、マップやユニットなどの難易度が非常によくできています。

 

 

魔界戦記ディスガイア

魔界戦記ディスガイア

独特の絵タッチながらもしっかりしたゲーム性とやりこみが特徴のSRPG。

公式で謳われているとおりこのゲームのやりこみ要素はとても強く、普通のRPGならありえないような数値までステータスを伸ばすことができます。

もちろんゲーム性においても評価は高く、やりこむつもりのない人でも十分に楽しめます。

おすすめは、第一作のリメイク『魔界戦記ディスガイア Refine』(PS4、Switch)とその3年後を描いた『ディスガイア D2』(PS3)です。

これらは、過去作品の不満点を改善した非常に完成度の高い作品となっています。

ちなみに、『D2』からはじめてもストーリーが理解できないということはないです。

 

 

タクティクスオウガ

タクティクスオウガ

1995年にSFCで発売されてから、VCやリメイクなどがなされ今もなお高い人気を誇るSRPG。

ウェイトターンシステムという本作独自の戦闘システムが存在します。

言葉で伝えるのはなかなか難しいのですが、キャラそれぞれに固有の待機時間があるといった感覚です。

これは、タクティクスオウガ最大の特徴であるといえ、戦略を立てる面白さを際立たせています。

対応ハードとしては、WiiUのバーチャルコンソールやPSPでのリメイク版があります。

 

 

経営・育成系シミュレーション

 

ルーンファクトリー

ルーンファクトリー

純粋な農場経営シミュレーションである牧場物語にアクションRPGの要素を加えたゲーム。

後半からダレてしまいがちな経営系のシミュレーションに対して戦闘という要素がいいアクセントになりダレることなくプレイすることが可能です。

しかし、牧場物語の経営要素も失われてはおらず、加えて結婚システムなんかも存在します。

最近ではスマホアプリで経営系のゲームがよくありますが、正直比べ物にならないぐらいの完成度ですね。

やはり、最新作の『ルーンファクトリー4』(3DS)がおすすめです。

 

 

トロピコ

トロピコ

カリブ海に浮かぶ島国の独裁者となって島を統治するゲームです。

観光施設を重視したり、軍事施設を重視して軍国国家を作ったりと自分の好きなように統治することができます。

「技術ツリー」という研究ポイントを貯めていくことで、新しく建造物が追加されるなど、やれることがどんどん増えていきます。

トロピコはシリーズ作品ですが、『トロピコ5』がもっとも完成度が高いと言えるでしょう。

 

 

レイルウェイ エンパイア

レイルウェイエンパイア

レイルウェイエンパイア

19世紀ごろのアメリカを舞台にした鉄道経営シミュレーションです。

鉄道帝国を目指して研究を行い、線路をひき、駅を作り、ライバル会社と競い合っていくゲームです。

線路の引き方にも工夫が必要で、いかに短く建設コストをかけずに引けるかが重要になります。

19世紀ごろのアメリカの雰囲気を味わえるのも特徴のひとつです。

 

 

Cities: Skylines(シティーズ:スカイライン)

シティーズスカイライン

都市開発をモチーフにしたシミュレーションゲームです。

このゲームには明確なゴールがなく、都市を好きなように発展させていくことができます。

区間管理や人口や交通などの基本的な要素に加え、インフラ整備や公害問題や失業率などリアリティのある都市要素が存在するのが特徴です。

また、システムも非常に作り込まれており、その地区に住んでる住人に応じて収益や雇用に変化があるなど細部にこだわっています。

よりリアルな都市開発を体験したいならぜひおすすめです。

 

 

恋愛シミュレーション

※著者の都合上男性向け恋愛シミュレーションのみです。

 

アマガミ

アマガミ

その人気から2回もアニメ化された恋愛シミュレーションです。

確率発生などのイベントは一切なく、行動マップから自分でイベントを選択することができるシステムとなっています。

1人のヒロインに対するシナリオの種類も多く、分岐やハッピーエンドにもいくつかパターンがありますが、中には結構キツめのエンディングがあったりします。

しかし、イベントのボリュームや魅力的なキャラクターとテキストは他に類を見ないほどの完成度です。

おすすめ恋愛ゲームといえばこれでしょう。

 

 

蒼の彼方のフォーリズム

蒼の彼方のフォーリズム

萌えゲーアワード2014で大賞を受賞した作品です。

フライングサーカスという架空のスポーツをテーマにしており、ストーリーは熱の入るものになっています。

また、美麗なグラフィックとクセのない絵タッチでヒロインたちが描かれています。

対応ハードはコンシューマーゲームではPSVITA、PS4、Switchがあります。

 

 

CLANNAD

CLANNAD

今更おすすめするものでもないくらい有名です。

が、これを選ばないのはあり得ないと思っています。

語るまでもない名作なので、アニメを見たことのある方にもプレイしてもらいたい作品です。

もちろん全く知らない人にもプレイして欲しいです。

きっと、期待を裏切らないと思います。

 

 

ときめきメモリアル4

ときめきメモリアル

恋愛シミュレーションの金字塔とも言えるゲームのナンバリングタイトル。

「卒業日に伝説の樹の下で結ばれた恋人同士は永遠に幸せになれる」という言い伝えのある高校でヒロインたちとの恋愛を楽しむゲームです。

主人公のパラメータを育てながらヒロイン達と学校生活をしたり、デートを楽しんだりできます。
個性的なヒロインが揃っているのできっと好みのヒロインが見つかるはずです。

私は、『4』しかプレイしたことがないので過去作と比較できませんが、『4』だけ見ても完成度は高くおすすめできる作品です。

 

 

CROSSCHANNEL ~For all people~

CROSSCHANNEL

ギャルゲー専用機とまで言われるPSVITAの中で個人的にもっともおすすめなギャルゲーです。

よく練られた伏線と巧妙なシナリオで有名なループものです。

ネタバレはもちろん詳しいことは調べずにプレイして欲しいです。

闇を抱えているキャラクターたちとその結末にきっと何か感じるところがあるでしょう。

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

スマホアプリにも面白いシミュレーションゲームはたくさんありますが、これを機に家庭用ゲームにも少し目を向けてみてはいかがでしょうか?


sponsored link

sponsored link

プロフィール

しーぷす

しーぷす

ゲーマー歴15年以上のしがない大学生が、ゲームにまつわる あらゆる情報を発信していきます。基本的にマイペースかつ自由にやってます。ごゆっくりどうぞ<(_ _)>ペコリ

人気記事