あらゆるものに手を出して

RPGツクールMV Trinity(トリニティ)のPC版との違いまとめ【初心者でもOK?】

time 2018/11/23

RPGツクールMV Trinity(トリニティ)のPC版との違いまとめ【初心者でもOK?】





2018年11月15日に発売されたばかりの(Xbox One版は2019年以降)RPGツクールMV Trinity(トリニティ)。

PCにあった「誰でも簡単にRPGが作れるソフト」であるRPGツクールMVをSwitch、PS4、Xbox One向けに進化させた画期的なソフトです。

これを機にツクールに手を出してみようと思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回はツクールMV歴3年の私がTrinityで出来ることや新しく追加された要素などについて紹介したいと思います。

sponsored link

RPGツクール Trinityの自由度について

過去にツクールをやったことがない人は「公式ではいいことばっか言ってるけど実際はどうなの?」とか「どれくらいのことができるの?」とか疑問に思っていると思います。

「誰でもRPGを作れる」と謳っているRPGツクールシリーズですが、頭の中のアイデアをそのまま手軽にゲームにできるかと言ったら中々そうはいかないです。

最新版のTrinityでも同様です。

そしてもう一つ注意してほしいのが思ったより時間がかかるということです。

もちろんどれくらいの規模を想定しているかで話は変わりますが、ほんの数十分のイベントを作るのに何時間もかかってしまうことだってよくあります。

そしてその理想と現実のギャップとか、遠い完成が嫌になってやめてしまう人も多いんです。

なので、Trinityに関しても以下の点は覚えておきましょう。

  • RPGの大筋を簡単に作ることはできるが、複雑な要素やシステムは大体組めない
  • プレイ時間が何十時間にも及ぶような壮大なゲームは大体完成しない
  • どんなゲームを作るにしてもでも時間と根気は必要

「大体」としているのは99%ぐらいのことです。

ここまで脅すようなことばかり書いてしまいましたが、複雑でないゲームなら誰でも作れますし、作ること自体はすごく楽しいので興味があったらぜひやってみましょう。

 

それでは、ここからはTrinityに搭載されているPC版MVとの主な違いをまとめて紹介していきたいと思います。

sponsored link

Trinityでできること

RPGツクールシリーズ初の歌唱楽曲

ツクールシリーズで初めて歌付きのBGMを5曲収録しています。

シリーズ初の試みはいいと思いますし、楽曲のほうも大変素晴らしいのですが、正直「これいる?」というのが個人的な感想です。

5曲しかないですし。

 

声優陣によるキャラクターボイス素材を追加

パッケージに収録されている8人のキャラクターをイメージして収録されているようです。

 

素材の数が約2倍に

これは単純にうれしいですね。

しかし、PC版のデフォルトの素材でも少ないと思われがちなので、もっともっと増やしてほしかったです。

マップタイル関連は特に。

 

デバッグログの表示

テストプレイ時にイベントの設定をどこで間違えてしまったのか確認することが可能です。

複雑な処理をしてるイベントだと本当にこれは助かりますね。

 

キャラクターの立ち絵画像を263点を収録

使いどころは限られてると思います。

 

タイルセットの色替え機能


これも欲しかった機能ではあります。

PC版ではいちいち画像編集ソフトでやら蹴れば行けなかったですし。

ただ、一つずつ変えられないのはちょっとどうかなと思います。

 

その他

ここで挙げたのは、個人的に気になった、または実用性がありそうなものです。

細かいものまで知りたい方は公式サイトを参照してください。

 

 

Trinityではできないこと

オリジナル素材の追加はできない

収録されている素材だけで作ることになります。

制作したゲームのオリジナリティーはやはり薄れてしまいます。

 

プラグインが使えない

プラグインとは、ツクール本来の機能を拡張させる目的で追加するプログラムのことです。

ほんの一例ですが、「テキストの文字の位置を細かく設定する」などの従来はできないような動作をさせることができます。

当り前ですが、これは相当大きな違いです。

一切プラグインに頼らないゲームというのも面白いとは思うのですが。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

家庭用ゲーム機向けとして発売されたTrinityですが、やはりPC版とは異なる要素が多いですね。

もちろん、上で紹介した以外にも家のテレビの大きい画面で作れるとか手軽に作れるとかいった利点もあります。

しかし、プラグインや素材の追加などの面を考えるとオリジナリティーはなくなってしまいます。

これから、ツクールを購入しようと考えている方は、そのあたりを検討してみるといいのではないでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

しーぷす

しーぷす

ゲーマー歴15年以上のしがない大学生が、ゲームにまつわる あらゆる情報を発信していきます。基本的にマイペースかつ自由にやってます。ごゆっくりどうぞ<(_ _)>ペコリ

人気記事