あらゆるものに手を出して

Google Stadiaとは?大手検索エンジンがゲーム業界に参入

time 2019/03/22

Google Stadiaとは?大手検索エンジンがゲーム業界に参入




eスポーツなどの盛況もあって、現在ゲーム配信には非常に注目が集まっています。

そんな中、Googleがクラウドゲームサービス『Google Stadia』を発表しました。

この記事では『Stadia』とは?クラウドゲームとは?という人へ向けてそれぞれ解説しています。

ぜひ最後までお付き合いください。

sponsored link

Googleが発表した新クラウドゲームサービス『Stadia』

Introducing Stadia from Google

クラウドゲームサービスとは、サーバー上にあるゲームデータを利用してゲームを遊ぶことができるシステムのことです。

プレイヤーはパッケージ版やダウンロード版などのソフトを買う必要はなく、インターネット上にあるサーバーを利用してゲームをプレイすることができます。

以下の画像が比較的わかりやすいかと思います。

(引用:https://games.app-liv.jp/archives/25886

簡単に言えば、今まではゲーム機またはソフトでデータを処理したり、保存していたわけですが、クラウドゲームではそれらをインターネット上のサーバーで行うというわけです。

そして、Googleが開発したクラウドゲームシステムが『Stadio』というわけです。

 

Googleはすでに『アサシンクリード オデッセイ』をストリーミングでプレイするテストを行い、以下の動画内でそのデモンストレーションを披露しています。

この映像がなかなか衝撃的。

Watch Google’s Stadia Event In 5 Minutes

映像の内容はYoutubeでゲーム動画を見ていると「Play Now」のボタンからそのままゲームが起動できるというもの

Youtubeの画面から「アサシンクリード オデッセイ」の起動までの時間はたったの5秒。

データのダウンロードなど時間のかかる要素は一切必要なく、プレイできるようです。

Stadioでは、既存のUSBコントローラーのほかに専用のコントローラーの発表がされてています。

デザインは非常にシンプルなものの、ボタン一つでゲームのプレイ映像を録画しYoutubeで共有できるようになるようです。

 

Stadioのサービス開始時期は2019年内とされていますが、具体的な日時はまだ発表されておらず、続報を待つしかない状態です。

しかし、GoogleはStadioの独占タイトルを制作するため、ゲームスタジオを開設したり、100以上のゲームスタジオにStadia用の開発キットを持たせたりしているようです。

今後このStadioがゲーム業界にどんな話題をもたらしてくれるのか非常に楽しみですね。



sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

しーぷす

しーぷす

ゲーマー歴15年以上のしがない大学生が、ゲームにまつわる あらゆる情報を発信していきます。基本的にマイペースかつ自由にやってます。ごゆっくりどうぞ<(_ _)>ペコリ

人気記事